届くといいな

こんちゃー。こんばー?
眠れないのでちょっと小話書いてから寝ますね。

私はですね、その昔、なりきりというものをやっていたんですよ。
スーシャ(セカンド)とチシェット(エイル)をメインに、その他もちょこちょこ。
でも大体本稼働してたのはこの二人でした。

当時やってたのはなりきりの中でも結構嫌われるオリなりというものでですね……
私、ネットは結構やってたんですけど、Twitterでの細かいルールなどはきちんと把握できてなくてですね……
そりゃもう周りの皆さんに多大なるご迷惑をおかけしましたよ。本当に申し訳ございませんでした。
このことは今思い出しても「ああ、あんなことしていなければ……」と後悔するほどです。
たぶんですけど、どっかの掲示板か何かではヲチられていたのではないかと……杞憂ならいいんですが。なので掲示板サイトでなりきり系のスレを開いたことは一度もございません。
心当たりありすぎて、かつ私も変なところで豆腐メンタルなところがありますので、もし陰で何かを言われたりしていたらと思うと……いっそ見ない方が精神衛生上も良いのではないかと思いまして。
というわけで黒歴史として密かに葬りたい過去の一つになっております。

しかしですね、それはかつての過ちだけを見た場合の話です。
ちゃんと思い出すと、ついでにTwitterで軽く検索なんかすると、「あー」ってなるんですよ。
仲良くしてくださった方のアカウント、リプライなどが出てきまして、「あの時は本当に楽しかったなぁ」と思うんです。
今はもう私の方のアカウントは消してしまっているのでやりとりなどは見ることができないんですけど、その相手方の文章だけでも、どんな話をしていたのかはわりと鮮明に思い出せるんですよ。
この人は本当によくしてくださったなとか、今でも大好きだなーとか、色々な感情が浮かんできます。
今はもうアカウントを停止されていらしたり、そもそも私がお知らせ用のアカウントを持っていないことから、もう連絡を取ることはできないのですけれど。
伝えられるのなら、「ありがとうございました。私達は今でもこうして元気にやっています。皆さんもどうかお元気でお過ごしください」と伝えたいです。
なので、既に縁が途切れてしまった人達のもとにも届くように、私もこの創作活動を続けていきたいなと思っています。
私は(良い意味で)有名になりたいなと密かに思っているのですが、その理由に第一として挙げられるのが以上の理由です。ほぼこの理由です。

片や過去から葬り去りたくなるような黒歴史、片や一生胸に秘めておきたい大切な思い出。
もう一度始めようとは思いませんし、今思えばあの遊戯はかなりの諸刃の剣でしたが、それでも今の私に与えた影響は大きかったと思います。
やってはいけないこと、やっていいこともある程度学べたし、キャラの掴み方も上手くなれた気がします。
今でも交流のある方もいらっしゃいますし、私はこのご縁を大切に守っていきたいと思っています。

最後まで読んでくださった方、長々と申し訳ありませんでした。
私の妙な昔話でしたが、お付き合い頂きありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。